1. 至誠ホーム
  2. 至誠ホームのご案内
  3. 理事長からのご挨拶

理事長からのご挨拶

 社会福祉法人至誠学舎立川の歴史は、明治45年(1912)、稲永久一郎・ヨシ夫妻が神田岩本町の製菓業を営む自宅において救世軍無料宿泊所から2名の少年を引き取り、彼等の更生自立に取り組んだことが事業のスタートです。その後大正13年、少年法による民間少年保護団体として認可を受け、昭和17年には財団法人への組織変更、戦後昭和23年まで事業を継続してきました。その後少年法の改正により少年保護事業は終了し、新たに保育、児童養護、老人福祉事業に取り組み、社会福祉法人への組織変更を経て現在の多種多様な福祉事業の経営へと発展をしてきました。

 高齢者福祉事業は昭和26年(1951)、生活保護法の養老施設の開設から始まり、その後老人福祉法による養護老人ホーム、軽費老人ホーム、特別養護老人ホームに取り組んできました。事業は利用者やご家族の幸せの実現が目的ですが、昭和40年代後半からは地域福祉事業と老人ホーム事業を融合させたコミュニティケアの実践を大きなテーマとして事業活動を進化させ現在に至っております。

 法人の理念「まことの心」は創設者稲永久一郎の信念でした。どの領域においても地域の様々な福祉課題に積極的に取り組み、民間社会福祉法人としての役割を担って参ります。

今日、社会福祉法人のあり方について社会から様々な問いかけ、あるいは法人が担う福祉事業に対しての大きな期待が寄せられています。法人としては今後も保育、児童、高齢者の3事業を充実させ、超高齢化社会の中での至誠学舎立川の役割を模索しながら、皆さんと共に歩んで行きたいと思っています。

 福祉は「支え合い」、「係わり合い」、「励まし合い」です。今後ともどうぞよろしく至誠学舎立川へのご支援、ご協力をお願いいたします。

平成27年(2015)6月1日

ページの先頭に戻る