1. 至誠ホーム
  2. 至誠ホームのご案内
  3. ホーム長からのご挨拶

ホーム長からのご挨拶

 至誠ホームは至誠学舎立川の高齢者福祉を担当する事業本部です。昭和26(1951)年に当時の養老事業「至誠老人ホーム」を開始以来、70年にならんとする永い歴史と実績を持っています。

 一方で、その時々の社会ニーズや地域の要望に応える道を模索しながら、常に新たな挑戦をし、クリエイティブにサービス・事業の構築と展開をして参りました。

 今でこそ、我が国の在宅サービスの定番となった「デイサービス」は、昭和52年の至誠デイホーム事業がその源流の一つです。また、平成7年の「グループホームしせい」の取り組みは後に「認知症対応グループホーム」と「ユニット型施設」の制度として開花しました。直近では、平成31年4月、立川市錦町二丁目に市内初の「看護小規模多機能ホーム」を併設した至誠ホームオンニ(ユニット型特養48室)を開設しました。医療ニーズを持ちながら、在宅生活を続ける方々、ご家族の支えになれる様に努力いたします。

 現在では、立川市錦町・柴崎町・柏町・幸町、国分寺市東元町・並木町・本多そして調布市の若葉町・柴崎町の、三市十カ所で規模の大小はありながら福祉介護の拠点として、高齢者とそのご家族の生活を支える総合的な高齢者福祉サービスを展開しています。

 職員の総数は700名以上、日夜法人理念である「まことの心」を胸に仕事にあたっています。また、年間延べ14,000人を数えるボランティアさんが、様々な活動を通して至誠ホームを後押しています。

 高齢者福祉・介護を取り巻く状況はますます厳しさを増す様相にありますが、至誠ホームはご利用者・ご家族、役職員一丸となって益々地域・社会に役立つサービス、「明るく、健康的で豊かな高齢期の生活づくり」をテーマに事業をすすめてまいります。どうかより一層のご理解とご支援をお願いいたします。

令和元年(2019)5月

ページの先頭に戻る