1. 至誠ホーム
  2. ボランティア・国際交流
  3. ボランティア
  4. 至誠学舎立川 理事長から

至誠学舎立川 理事長から

 至誠ホームには幾つかの大きな財産がございます。先ず明治の時代から続く至誠学舎という伝統ある法人の理念・使命に基づく事業です。また同時に高齢者福祉事業を支える意欲と誠意に溢れる職員集団、そして地域と至誠ホームをつなぎ、ホームの大きな屋台骨になってくださっている沢山のボランティアの皆さん方です。この三つの矢が束ねられ至誠ホームという暖かな高齢者の生活の場が出来上がっています。

 利用者・職員とボランティアさんが一緒になって至誠ホームを「みなの心の故郷」にしたいという理想は橋本良市前至誠ホーム長の大きな思いでした。まだ世の中にボランティアなどという考え方が普及する前の昭和40年代からのことでした。そんなことから東京都社会福祉協議会で施設の社会化を考える委員会のまとめ役もしておりました。

 至誠ホームでは昭和52年、その頃主張され始めたコミュニティケアの理念を踏まえ地域の人が利用するデイケアセンターや、特別養護老人ホームなどの介護福祉事業を自治体のご支援をいただき取り組み始めました。事業を推進していく中で取り組んだことの一つが、施設にボランティアコーディネイターを配置し、ボランティア活動の場として至誠ホームを開放することでした。以前から利用者のクラブ活動の先生方の多くはボランティアさんでしたが、このことがきっかけとなり大勢の市民の方がホームのサービスに大きく関わりホームで活動を開始されました。

 今ではボランティアさんを抜きにはホームの事業とサービスを語ることが出来ません。職員とボランティアさんは車の両輪、そしてホーム・利用者・地域をつなぐ「もやい」の役目をボランティアさんは果たしてくださっているのです。

 至誠ホームの調査によりますと、職員、利用者のボランティアさんに対しての信頼はとても大きく強いものがあります。また多くのボランティアさん方も至誠ホームでの活動に大きな誇りと喜びを感じてくださっていることが分かりました。そんな人と人との関係が紡がれていることに至誠ホームの事業の特徴があると思っています。

 どうぞこれからもよろしく至誠ホームでのボランティア活動をお続けいただきますことをお願いいたします。また、半分身内で半分地域の風という立場から「うれしかったこと」、「大変だったこと」、「悲しかったこと」、「ホームへの注文、ご指摘」なんでもご遠慮なくホームにお伝え下さい。また利用者の「よき隣人」となって下さい。そんな存在があることで至誠ホームがみなの心の故郷になっていけるのだと思っています。

 どうぞ伸び伸びと至誠ホームでの活動をお楽しみ下さい。愉しくなければボランティアでない、今後ともよろしくお願いいたします。

2009年3月 至誠ホーム長 橋本正明

ページの先頭に戻る